岡崎の自由帳

ゲームのプレイ日記。気が向いたらレビューとか

シレンライク好きは黙って買うべき【魔物娘と不思議な冒険】

 

村長の試練クリア

村長の試練を無事クリア。

村長の試練とは、いわゆる「もっと不思議」に相当する持ち込みなしダンジョンのこと。フェイの最終問題。トルネコ3のポポロ異世界みたいなダンジョン。あれほど難しくはないけど。千里眼&ピューレのフロアジャンプで30階層くらいすっ飛ばしたせいかもしれないが、深層はなかなかの緊張感だった。

 

プレイ時間30時間ほどで区切りも良かったので、休憩&買うべきか悩んでいるシレンライク好き向けのレビュー。なお、以下はSwitch版の内容。

 

 

 

総評:トルネコ3好きは買うべき良作

魔物娘と不思議な冒険

ポポロが好きだった人はぜひ買ってみてほしい。値段もそれほど高くはない。手放しで絶賛するほどの内容ではないものの、シレンライク好きであれば買って損することはないと断言できる。随分と生意気な言い方だな?

まあお世辞にもグラフィックが良いとは言えないし、BGMや演出面は良くも悪くもインディーズらしい粗さ。ただ不思議のダンジョンというほぼ完成された下地があるので、ゲームとして充分に楽しめる。なのでシレンライク好き、特にトルネコ3好きは無難に楽しめるだろうという紹介なのだ。

ここまで言っておいてアレだが、自分はポポロがあまり好きになれなかったタイプだ。難しすぎるのが悪い。あとはなんだかんだソロプレイが好きというのもある。なので本当にポポロ好きに刺さるかどうかは知らない。

 

それでも、自分は仲魔を引き連れるのが前提ということを知りつつ本作に手を出した。理由は単純、魔物娘にある。

 

あざとい

エッチ!w

本作が魔物おじさんと不思議な冒険だったら間違いなく買ってない。いや多分製作者側が途中で折れるから市場にすら並ばないな。そんな感じで、自分みたいに硬派を気取るオタクにはどストライクな作品だったというわけだ。

シレンライクは硬派じゃない?いやそんなわけ…

  

で、どんなゲーム? 

オフのアルラウネ

こんなクソしょうもない紹介は適当に調べればいくらでも見つかるので、そちらを参考にしていただきたい。

じゃあなんで書いてるんだよって言われると形式的にと言わざるを得ない。ごめんなさい。プレイ動画もあるので、どういう感じのゲームなのか自分で確かめるのが一番自分のためになるんじゃないでしょうか。

 

ジャンルはローグライクとされているが、ここではあえてシレンライクという言葉を使う(≒不思議のダンジョン)。これだけはこだわらせてほしい。こじらせている自覚はある。

ということで、以下はシレンライク経験者向けの紹介になる。

 

スライム

先述の通り、仲間NPCを引き連れて戦うのが基本のゲームバランスになっている。ポポロポポロとしつこいが、それをイメージしてもらえればいいだろう。他の例えは知らない。

 

迷子!迷子!

基本的には主人公よりも仲間NPCのほうが強力な設計になっているものの、持ち込み可能ダンジョンなら装備を存分に鍛えておけば魔物娘たちをバラバラに引き裂ける。モンスターを仲間にできるトルネコって感じのバランス。そういう意味では難易度は低いし選択の幅は広い。 勿論、持ち込み不可ダンジョンは仲間NPCに頼っていくのが基本になる。

全体的に難易度は低めで、メインストーリーも早ければ数時間ほどでクリアできるだろう。もっと不思議の開放までは少し遠く、自分は25時間ほどを要した。ゲームシステムや仲魔の特性把握などを考慮すればそんなに時間がかかるとは言い難いか。魔物娘たちで致しているとすぐに時間がなくなる。まあ人によるの一言で全てが崩れ去るので参考までに。

 

エルフ先輩

ゴール地点は各人が勝手に決めればいいと思うが、一応本作の目標を挙げておく。大まかに分けて3つ。

  • 魔物娘図鑑のコンプリート
  • 「魔物娘と不思議なダンジョン」踏破(999Fダンジョン)
  • ひたすら村長の試練(もっと不思議)

上2つは目標としてかなり明確だ。個人的にはあまり興味がないので本格的に手をつける予定はないものの、余裕で100時間以上かかるんじゃなかろうか。でも用意されてる以上コンプしたいなあ。

自分は性格的に、もっと不思議をひたすら遊びたいタイプだ。なのだが、それを億劫にさせるものがある。トルネコ3経験者なら分かるかもしれない。トルネコ3の最大の欠点が、そのまま本作にも当てはまるのだ。

それはずばり、壊滅的なゲームテンポである。

 

ゲームテンポはTNP

うわメルトつよい

シレンライクで自分が最も気にするもの、それがテンポ。他がどれだけ良かろうとゲームテンポ一つで評価がめちゃくちゃ変わる。でもテンポってなんだよって言われたら困る。自分ががテンポ良いと思ったら良いし悪いと思ったら悪い。そういうふんわりしたもの。

  • ダンジョンフロア移動時のロード時間
  • レベルアップ時のアニメーション
  • メニュー操作時のアニメーションの有無
  • キャラクターの各種動作(特技使用、アイテム拾いなど)

などなど。チェック項目をあえてリスト化するならこんな感じだろうか。もっとあるが。この項目を見てピンとくる人とは多分仲良くなれる。シレンライクは要は何度もやり直すことを前提としたゲームシステムなので、その繰り返し部分でストレスを感じたくないわけだ。

そんなゲームテンポ、本作はどうなのか。

 

モンスターハウス

まあひどい。トルネコ3の頃から何も変わっていないと言っても過言ではない。ゲーム速度1.5倍くらいで丁度いいのかな、といった感じのチンポ。一番の苦痛はアイテム拾いのモーション。店では特に苦痛を感じる。あとアイテム落としの罠踏んだときとポーチが割れたとき。トルネコ3の悪いところをマジでそのまんま持ってきてる。

 

QTE

トルネコ3とかシレン3とかヤンガスの頃からそうなんけど、3Dにすると露骨にゲームテンポが落ちるのはどこの誰が作っても変わらないのだろうか。最近だとチョコボエブリバディとか。

JRPGが分かりやすいが、古いゲームシステムに3Dやアニメーションをベタベタくっつけるとテンポが壊滅的になりやすい。その辺のギャップを倍速化やオートやスキップで誤魔化してるのがいわゆるソシャゲや現代風JRPGだと思ってるので、シレンライクのほうにも持ってきてほしい。世紀末デイズは論外として。個人的にはテンポさえ改善されればなんでもいいんだけど。

 

話がそれたが、レベルアップ時の動作(仲魔の場合はテキストまで出てくる!)、主人公の動作、敵の動作。この部分が特に苦痛。問題はこの部分がゲーム全体の8割を占めているという点だ。

 

 はじまりの村のセレナ

村の拠点NPCに話しかけたときの挙動もいちいち暗転が挟まって正直うーんって感じだが、まあこれはいいのだ。何か大事な処理が裏側で実行されてるんだろうなって伝わるし、例えばメルトが仲魔転生のたびに5秒間踊ってたとしても気にならない。むしろ踊ってほしかったかもしれない。要はゲームのメインでない部分については寛容だ。自分の場合は。

 

そんなわけでゲームテンポは最悪なのだが、これはあくまで繰り返し遊ぶことに対する障害であって、ゲームの面白さそのものを決める要素ではない。そりゃ改善されるならしてほしいけどな!

なにより本作はゲームテンポが悪くなったであろう理由が割と容易に想像できたので、まあしょうがないなという気分でいる。

 

魔物娘とエッチな冒険

かわいいワーバット

そう。このゲームは何を隠そうエッチなゲームなのだ。こんなもの作ってたら確かに動いてるところは見たいし、エッチかどうかはともかく3Dモデル作ったんなら製作者側としても動かしたくなるってのは道理だ。いやでもエッチなゲームだよこれやっぱり。見渡すコマンドの仕様がそれを物語ってる。

最近のシレンライクに実装されている見渡すシステムだが、本作は何故か一人称視点なのだ。おかげで部屋が広いと反対側の状況が全く分からない。これじゃ見渡すの意味がまるでない。一体何を考えてこんな仕様にしたのか。

 

見渡す

石像に擬態するガーゴイル

存分に魔物娘たちを舐め回してくれってことだわこれ。

静止画だとうーんって感じだけど、これがもそもそ動くだけで可愛さ10倍くらいになるから不思議だ。飛んでる系の魔物娘は特にかわいい。自分はこういう雑な3Dモデルのほうがイケてしまう民族なので、終始ムホホな気分だった。

 

ココ

そもそもこういう要素に惹かれて購入したわけなので、魔物娘に関しては期待通りで満足している。とはいえシレンライクじゃなかったら多分買ってない。双方に求められるものを折衷した結果が本作なのだと考えると、なんだかんだバランス良くできてるのではないか、と贔屓目に見たい。

 

かわいいメルト
ちなみに本作で一番かわいいのはメルトです。最初はなんだこのテンプレって感じだけど最終的に好きになる。やれば分かる。えっ!!が好きだったのにストーリー進行でなくなっちゃったのが残念。うぅぅ…もかわいいけど。

 

終わりに

タルテ

シレンライク好きは黙って買え。
あと硬派を気取ってるオタクも買え。そして本作を入り口に古今東西シレンライク作品を網羅的に買え。
以上 。 

 

ま、サクッと買ってサクッと遊んでみてもいいんじゃないでしょうか。
シレンライク未経験者に勧めるのはちょっと憚られる。が、魔物娘ってカテゴリが好きな人ならそこそこ楽しめるんじゃないかなと。 

 

SSを振り返るの会(おまけ)

表ストーリークリアプレイ中に撮ったSSを見返すコーナー。なんとなくゲームの雰囲気がつかめるかもしれない。保証はしない。もう遅いけどネタバレあり。ストーリーに関わる部分は避ける。一部本音が混ざってる。

 

メインストーリークリア時間いわゆるテーブルマウンテンクリア。4時間半。思ってたよりボスが強くてびっくりした。まあ通用する状態異常とかが分かってれば簡単なんだろうけど。

 休憩中の魔物娘ダンジョン内で休憩している魔物娘。レベルがバカ高いがデフォルトでは敵対していない。雰囲気要員。

 魔物娘の自室<雰囲気要員その2。ダンジョン内に魔物娘の部屋がある場合がある。許可を取ればアイテムを貰えるボーナスルーム。この温度感がいい。敵なんだけど敵じゃない感じ。まあ無断で持ってくんだけど。

 ダンジョン中断後のタイトル画面ダンジョンを中断すると、タイトル画面が主人公+その時引き連れている仲魔が休憩している画面になる。おーそういえばここまで進めたんだっけ、というのを思い出す手助けには一切ならないし攻略の役にも立たないどうでも良い変化。

なんだけど、なんとなくいいなあって。表現の元ネタがあったりするんだろうか。本作のストーリーを知っていると少しだけ優しい気持ちになれるかもしれない。

本作で一番感心した要素。本気でそう思ってる。誇張抜き。こんな些細な表現一つで作品に対する印象で変わるんだなって。でもこれを上手く言葉にできない。

 

堕ちたワーキャット♡は偉大。なんでもエッチに見える魔法の記号♡

 

狐一尾から九尾までいる。ンドゥバ枠。

 

霧本作はターン経過で風が発生しない代わりに霧が出る。魔物娘のステータスが大幅に強化されるので遅かれ早かれ死ぬことになる。画像の状況は霧が出る巻物を呼んだもの。全員が店主状態。

 

泥棒は犯罪 泥棒は本作も可能。盗んだ金額?に応じて店主の行動が異なる。

 

吸血イベント HP100吸い取らせると仲魔になってくれる。HP0になったらエロCG入りそう。ちなみに右端の魔法使いは敵に倍速の杖を振りまくとんでもないクズです。

 

ブルードラゴンのQTEキースドラゴン、スカイドラゴンに相当するブルードラゴン。そのQTE直前。ちなみに後ろのロリ悪魔は落ちてる道具を投げつけてくる河童です。

 

盗品を要求するクズしかも盗品を要求するクズ。

 

999Fダンジョン

999Fダンジョン。これはマジでげんなりした。こういうのを見るとアイテムロストいらねーだろ派の意見はめっちゃ分かる。特に本作はポーチ(壺)の入手が面倒でね……

というか近年のシレンライクの強化強化&強化が必要なダンジョン連発はなんなのか。そういうのを求める輩って多いんだろうか。まあレベル継続とかも含めて別に昔からあったし、製作者側がそっち寄りにするのはいいとして、だったらアイテムロストなんて古臭いシステム撤廃したほうがいいと思いますマジで。そういうのを求めるユーザーもいい気分しないと思う。この辺ふしげんTODRは割り切ってた。あれが正しい。

あ、別にアイテムロスト自体は賛成派ですよ。でもそれってユーザー登録もない死んだら終わりの昔のゲーセンのアーケードシステムに近いものが前提なわけで。引き継いで引き継いで引き継いで……最強!っていう現代風の価値観に寄せるならアイテムロストはいらないんじゃないですかって話。アイテムロストを実装するならリトライのハードルは下げるべき。今の時代放り投げて別のゲーム行っちゃいますよ。なんならSFCシレンやるわってなる。

昔はそういうダンジョンもちゃんと攻略してたんだけど……単純に俺が歳取ったってことなのか?

 

フロアジャンプちなみに本作ではフロアジャンプが実装されている。正直驚いた。999Fダンジョン攻略の際には存分に活用させてもらおう。

 鍵部屋

トルネコ3でもあった鍵部屋。あんまり好きじゃないんだよなあこのシステム……

 

 あざとい。

 

あざといメルトあざとすぎる。

 

タルテむみゅううどん作ってそうな村長。

 村長の試練99Fにてヤメロォ!
もしかして99Fモンハウ確定なのか?

 

 

村長の試練打開そして村長の試練クリア。いえーい。